仙骨改善法で行っている事

当方の仙骨改善法で行っている事を箇条書きにしてみました。

来店時に全身の撮影を行い、現状の身体の歪みなどを見て頂きます。

その後椅子に座って頂き、下記の事を受けて頂きます。専門的な名称もありますので、わかり難いかもしれませんが。

1. 頭蓋骨の調整&蝶形骨の解放

2. エーテル体と肉体のバランスを回復させる

3. 肉体の波動を調和させる

4. 頭と首のバランス最適化

5.小後頭直筋の筋膜を緩める

6.頭蓋骨+第一頸椎の関節の解放&頭の乗り方の改善

骨盤・股関節を安定:(左右腸骨・仙骨・尾骨)ユニット+恥骨を緩ませる

8.鼻腔&舌骨&眼窩の解放

9. 間質リンパの循環機能に必要な筋肉その他を緩め「間質リンパの循環機能」を全て正しくする

10. 反応筋を正常にする

11. 主要な14経絡を繋ぎ、経絡の詰まりを溶かして排出し、経絡、神  経、   腱、腱鞘、靭帯、筋膜、骨格、細胞、体液の機能の正常化。

12.ライトボディの過不足分を調整する

13.呼吸法の改善

14.下あご、舌骨、肩甲骨を正しい位置に修正する。

15.仙骨のフリーズを解除する。

16.頭蓋骨の組み合わせを正しくし、頭蓋骨と下あごを正しく組み合わせ、脊柱に正しく繋げる。

17.全身の筋膜の捻じれを取り、骨格と関節の捻じれを取る。

18.脊柱の結合を適正にし、全身を正常に機能させる。

19.潜在意識を浄化し、光を注ぐ。

20.自動運動:注)参照
不調箇所を修復・治癒する自動運動

・切れている経絡を繋ぎ、活性化する自動運動

上記の事を初回時に全て行っております。生命強化のエネルギーを注ぐことで、これら全てをで行いますので、これだけの内容が全て30分程度で行えると言う事です。電気や道具は全く使っておりません。

2回目からは、初回と同じエネルギーを流し施術を終えた後で、再度身体のチェックを行い、不完全な部分を修正する為に「自動運動」を行います。

身体には測定時以外は触れませんが、骨格が正常位置に戻るために動くので、軽い痛みを感じる方もいます。

注)自動運動:ブレインジム(教育キネシオロジー。2009年9月インストラクターの資格取得)によって身体と脳の密接な繋がりを学びました。ブレインジムは身体を動かすことで脳を改善しますが、ルキアスでは逆に脳に修復の指令を出すことで、身体が修正運動を始めます。これを自動運動と名付けました。

施術者がクライアントさんに自動運動のエネルギーを流すと、身体が自動的に不調箇所を改善する動きを始めます。まず前後運動から始まり、横や回転運動が始まり大体10分~30分間で動きが止まります。それが終了と言うことになります。

2017年6月より「不調箇所を修復する自動運動」の後で「切れた経絡を繋ぎ、活性化する自動運動」も行っており、それにより身体の痛みの改善がより進みました。