化学物質過敏症の方のその後の経過(5月7日付)

4日午前中、今回続けて受けた一連のセッションの最終日となりました。 自動骨格矯正 股関節若返り と 自動骨格矯正 血管若返り を受けました。 この日は、とゆうか申し込みをした4月17日から続いていた眠気がすごく。 でも体全体の痛みの量が激減したので、地獄のような朝の開店準備が苦にならない感じになっていました。いつもギリギリ、もしくは間に合わない時も多かったのです^^; トイレもかなり忙しいのが続きました。大も小も、こんなにか!と思うくらいの体からの押し出し。 眠気は5日の午前中ピークに達し、午後からスッキリしてきました。 そして絶好調がやってきました。 仕事モードの時は異常嗅覚がさらに完全に無くなってる状態に。体の動きもますます良い! フィルター入りマスクは命綱でしたが、寝ているお客さんの頭側(一番臭いをキツく感じるポジション)に座って話し掛ける時に、自然にずらしてしばらく鼻の部分を外しぱなしにしてたのに気づいて自分でびっくり。今までならそんなの自殺行為ですから‥ 合 成香料なども含む作用の強い化学物質を直接吸い込むと、一瞬で脳をガツンとやられ、鼻喉肺を灼かれ、胃腸に劇痛、あとは朦朧としてしまい、その後は全身の 痛みと殺して欲しいとまで思える酷いだるさ、体温低下その他の自律神経の異常に悶え苦しむ事になる‥ とゆうのが何度も痛い思いを繰り返し、自分の中の 普通 になっていたので、無意識にでもそんな行為を取るのは有り得ないのです。 仕事が終わってしばらくすると部屋に籠もった激臭に気づいてきて、空気の入れ替え。やっぱりたまたまこの日お客さんが合成洗剤や整髪料使ってないとかでは無いんだなあと再認識。(この日は特にキツい香料を日常的につけているお客さんばかりでした) 空気の入れ替えにしても今までは、出入り口はそこそこ交通量のある道路にもろ面しており‥ うちの前でのアイドリング駐車や、バス停もあるのでバスの排気ガスも酷く、夏場のどんなに暑い日でも開けっ放しなんて絶対できませんでした。 レンジフードフィルターの不織布をカーテンのようにかけるとゆう工夫はしましたが、今までなら無理(外の空気に耐えられない)に決まってるのでやってみようともしなかった事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA