脳の活性化

脳の活性化

魂が肉体に入った時、脳にはその魂の思考がインプットされます。
そして、生まれてからの環境により脳はさらに複雑に変化していきます。
このセッションを受ける事により、長年の転生による魂のネガティブな思考と、今世の環境によるネガティブな思考から解放されます。

脳の活性化とは脳を整理し使いやすくするセッションです。

最初は友人の孫が勉強ができないと言う事から脳を霊的にスキャンして調べました。
結果、左脳が殆ど働いていなかったと言う事が分かりました。
それでエネルギーを流し左脳を働かせるようにしたことから始まりました。

成績が奇跡的に上がった中学生も居ました。

逆に下がった子がいましたが、調べた所、この子の望みはクリエイティブ。でも親の望みとは違う。これを受ける事でクリエイティブな方へ脳が開かれる。そんな事もありました。本来の自分の進むべき方向が出て来るようです。

で、大人は?と言う事で調べると、記憶力が悪かった人の記憶力が上がったり、人間関係がうまくいかない人が改善されたと言う事から、脳の活性化は脳の癖、思考の癖を取り去り整理された脳の使い方が出来るようになることがわかりました。

子供より大人の方が、脳の癖が固まっている事から困っている人たちが多いようです。

ある方は物事をかなり遠回りして行動するような脳の回路になっており、苦労していたようです。
受けた後、楽になったとの体感を得たそうです。

ある方は「自分にはどうにもならない」と言う事が出てきましたが、脳の活性化を受けた事で、視点を変えると言う事に至ったようです。

全体的に頭がスッキリする方が多いです。

他に変化として、

・時間の使い方が変わってきた(朝の出勤前の支度が早くなったのか時間が余った)

・収納などの整理の仕方が変わった

・前より片付けが楽になった。
などもありました。

高校生まで32,400円(税込)
大人 一律5万円(税込)
注)一度対面で受光された方は、その後遠隔のご希望があれば1回に付10,800円(税込)で行います。
受光料は予告なく変更する事があります。

所要時間は人により差があります。約2時間

 

リーディング

ルキアス・アセンション俱楽部では、

セッションを受けて頂くと、その間に見えたことをリーディングとしてお伝えしております。

最初は失敗した人生を見せられることが多いです。それが今の人生に大きく影響しています。

ルキアスのセッションを受ける事で書き換えが起こります。

その変化もリーディングとして、お伝えしております。

最近はリーディングした担当者(現在2名)が文字に起こして記録しております。

その一例をご紹介します。

「脳の活性化」
:アスペルガー、ADHDの方に効果的なセッションです。思考の癖もポジティブに変化する事もあります。

はじめの脳の状態をみると、脳と思われる半球を、白く半透明なプルンプルンしたものが、かなりの厚みで覆っている。
量増し? 本当より大きく見せたい?

イメージとして見えたもの
ドーム状の建物がある。外観から、だいたいの大きさの見当はつくのに、Fさんが入口から中に入ると壁や天井が見えず、大きさに圧倒される。

「果てしないなぁ」と途方に暮れている。
建物の中で「果てしない」という感覚になるのは妙だが、思うのは「果てしない」ということ。

自身が取り組んでいる物事、目的達成が果てしない印象で諦めたくなる。
入る前のドーム建物は圧倒されるほどの大きさではないのだから、そう感じるのはおかしい。

別のイメージ
掌の感覚は非常に敏感で、大きなエネルギーを感じている感覚はあるのに、掌自体を触ると、ぴっちりしたゴム手袋をしているような、直接触っていない感じがする。恐れがあり、ガードをしているが自覚はない。

これらのことから、
物事、出来事を、ありのままに正確に受け止めることに問題があり、また、自分では全く気付いていないのではないか。

何故、このような問題が起こっているのかを探ると、最初に見た、脳を覆っている半透明な膜のせい。
この膜をなくすためのキーワードは
『理解する、許す、与える、つながる』

一見、自分には全く非が無いと思うようなことも、相手だけのせいにしない。

その相手本人に対して直接自分がしていなくても、別の誰かに、自分がされているようなイヤな態度をとっているかもしれない。

自分がしたことは、間接的だったとしてもまわりまわって自分に返ってくる。

自分を内省し、自分という存在を理解することで、相手に対する理解が深まる。

自分を許すことで相手を許すことができる。

自分が充分与えられ、充分受け取ることで、はじめて相手に不足なく与えることができる。

これらを通して、人とつながり、世界とつながり、自分が孤立していない安心した状態になる。

エネルギーを受けて(書き換え後)
半透明の水分を多く含んだような厚い膜が、水分がぬけてカラカラとなり、厚みが減っている。
しかしまだ無くなってはいない。

これから理解を進め、膜を無くすのは自らの決断。

担当者:潮音