I・脳と肉体と魂のネットワークを繋ぐ

このセッションを受けると、魂の性質が反映した肉体になり、現実の生活が魂の希望に沿った生き方に変わっていく事になります。
単純に身体と脳と魂を繋げる事で、現実の生活が変わることはもとより、スピリチュアルな能力も上がります。
高い次元と繋がった、と感想を言われた方もいらっしゃいました。

 

リーディング例 被験者50代男性

魔法であり科学のような、合わさったものが使われている世界。イタリアのような石畳と石造りの建物と、空想科学の本に出てきそうなオブジェが街の広場に置かれている。

闇にまぎれて、塔にある宇宙の時も告げる不思議な大きな鐘のようなものを、仲間と男二人で(Tさんと)盗んでいるシーン。(簡単に盗めたのは、誰も盗ろうとはしないくらい皆にとって大事なものだから。まさかこんなに大事なものを盗る人はいないだろうと。)

 

結局どう動かせば良いか分からず、壊してしまう。分解して貴重な金属を売るしかない。

この機械はこの世界の王、創造主に近い人の喉や舌にあたる部分で、本人とリンクしていて、壊されると話せなくなってしまう・・・

手っ取り早く、皆からすごいと思われているものを手に入れようとした。でも、使い方を知らないし、壊してしまうだけだった。それでもこの人はエネルギーの繋ぎ方を知っていたので、この良さを生かし学び続ければちゃんと町の職人になれ、段階を経れば王の元でも働いているグループに所属する職人にまでなれそうだった。(この不思議な科学の世界では、知識だけでは駄目で感覚のセンスも必要だった。)

 

それを選べなかったのは、自分に対して必要以上に自分は駄目だと落とす部分があること。本当の自分を外に出すなんて出来っこない、くらいの気持ち。蓋をして見ないようにしている。なので中身は前のまま?(自分が思っている通りに) そして自分を大きく見せようとしてしまう。それも本人にしたら人と同じに、と言うくらいなのかも。

(盗んでいた人は全身に茶色い布をかぶっていて顔も見せない。)

 

変化後の世界(書き換え後)では・・

男の人はさわやかで、頭まですっぽりかぶっていた布を着けておらず、昼間でも歩けていた。

自分を大きく見せようと偽ることもしていない。自分の良い面を作ってそれを受け入れられる人に変わっていた。

 

自分を浄化し、正しく自分を理解する。